目次
「ロール・オーバー・イメージ」展開中 マウスを写真に乗せて下さい 写真が替わります

本日の主役=12月23日




写真をクリックしてはいけません  マウスは乗せるだけ

「止めろ。止めろっやめろォ」----このセリフは何回聞いても面白い



土田先生 祝 還暦=12月17日











ハッピー・バースデイ 60歳 ますます元気





がんばれ「やそはち」=12月15日



写真をクリックしてはいけません TOPに跳んでしまいます マウスは乗せるだけ










土田先生の執念と生徒のがんばりは天下一品 



哲学する演劇部員







芝居はほんとに難しい難しいからやるんだよね



写真をクリックしてはいけません TOPに跳んでしまいます マウスは乗せるだけ


青春の光あふれて=12月12日




















関東大会に向けての台本(第3稿)の最後にはこんな言葉が書かれています


一瞬たりとも脚本手放さず
常に、色塗り、書き込みを
続けていくこと





騎馬戦ですか?=12日












遊んでいるのではない  地に足の付いた演劇の訓練です


家康遺訓「人の一生は重荷を負て遠き道をゆくがごとし」




写真をクリックしてはいけません TOPに跳んでしまいます マウスは乗せるだけ


「住めば自宅
?」部活再開=12月10日




錬り直された台本が配られた



夕方5時にウオーミングアップ開始



試験が終わって、久しぶりの部活。
インフルエンザ組も復帰、反省会で“楽しい”“うれしい”を連発した。

その中でおもしろい言葉を披露した一年生がいた。
試験で「住めば○○○」の○○○は何か。という問題が出たので、彼女は「住めば自宅」と答えたらしい。
それでは不正解である。

しかしよく考えてみると間違いではないのでは、と私は思った。
「住めば都」は「どんな所でも住み慣れてみると、それなりの良さがあるものだ」という意味なのだが、「住めば自宅」と言った彼女は「自宅ほど楽しいところはない」の意味で答えたのではないか。それは仕合わせな家庭に育っていることの証しだ。
私なら彼女の豊かな想像力に、正解以上の二重丸を付ける。

「部活は楽しくって・・・」と思っている連中にとって、「住めば自宅的演劇部室」に集うことは何よりの歓びであるようだ。


この迷回答を生み出す脳みその価値は、学校のテストでは計れないだろうな。

 







お知らせ
命綱なしの神業が受け継がれています


「野田の津久舞」にオートスライドを作りました(クリック)




11月28日の馬橋高校



通い慣れた部室。11月29日から12月10日まで期末試験のため部活は休み。
11月28日は天気が良かったので校庭で衣装乾し。




写真をクリックしてはいけません TOPに跳んでしまいます マウスは乗せるだけ


FAR AWAY AND LONG AGO のような



青春の舞台=21日 青葉の森公園





オートスライド 
神隠し「八十八ものがたり」の舞台


八十八運命版


 
県大会
 
地区大会
 
   
         
 
写真をクリックして下さい
 
 
 

 
地区大会、菊池審査員のあいさつに、印象深い言葉がありました。
「競い合って下さい。これが人生のすべてではありません。力一杯自分を試して下さい」




関連番組の紹介


 高校部活をモチーフにしたもの

 演劇をモチーフにしたもの
 








前の映像
へ跳ぶ



最新映像
掲載写真の著作権は大北寛にあります
著作権
コピー 転載はお断りします

track feed