目次
2009年9月23日〜10月9日の様子です

バックに流れているセリフの場面



「間男殺しの場」です



「ロール・オーバー・イメージ」展開中 マウスを写真に乗せて下さい クリックしてはいけません


「うまっこ・げきぶ」のメンバーです


9月23日 本当は20人ほどいるんすが 全員がそろうことはねえす







土田先生に近しい方の証言によりますと
「もっとも土田先生らしい風情」らしい




皆の共通点は 顧問の土田先生が好きなことだす なや!!



写真が次々替わります
マウスを画面の上で踊らせて下さい
クリックしてはいけません 置くだけです

ひとつ
の試み
北京に京劇がある如く この地には馬劇がある  これはよしもと演劇よりおもしろい ---大北寛の独白



「ロール・オーバー・イメージ」展開中 マウスを写真に乗せて下さい   クリックしてはいけません



芝居のタイトルは 神隠し「八十八ものがたり」




2番手の「八十八」ばやらせてもらいす3年生でござりす

「馬喰ヤソハチ」が“す巻き”にされて大川さ投げ込まれようとするが 一計を講じて・・・という筋書き

「はちゃめちゃな通し稽古」・・・これは土田先生のことば マウスを乗っけてけれ その通りす

おらは今日が初練習とあって台本片手 しょうがねえっぺ




おらが1番手の「八十八」ば やらせてもらう“キラ星の”1年生す

“馬っこ”で“銭んこ”ば大もうけした「馬喰ヤソハチ」


この芝居は人間が馬っこに早変わりしたり 一人何役もこなさねばなんねえのさ





を見て下さっている皆さんへ


今回は、見せ方として「ロールオーバー・イメージ」を多用しています。写真の上にマウスを乗せると次の写真に。
このテクニックで演劇の魅力を伝えたいと考えました。

ところが、携帯電話では「ロールオーバー・イメージ」が見られないようです。
ですから、普通のパソコンで見ていただくと、より楽しんでもらえるかと思います。

※もうひとつ注意していただきたいことがあります。
「マウスを写真に乗せて下さい クリックしてはいけません」
これは、クリックするとTOPに跳んでしまうからです。


そして、音楽も鳴ります。曲名はBGMの欄に。
パソコン側で音が出るよう設定して下さい。








バラバラで いっしょ



相手の胸に飛び込む これは成功


「バラバラでいっしょ ○△□のうた」

まるさんかくしかく まるさんかくしかく/顔も姿も ちがうけど/だから とっても おもしろい/大きな願いに つつまれて/バラバラでいっしょ バラバラでいっしょ/誰もが 今を 生きている

これは浄土真宗(大谷派)の歌です
この歌詞を思い浮かべながらこの欄を作りました



ふとんがなかったら痛い目に合っていたでしょう


年頃の娘さんですので 気を遣って撮影しています--大北寛の独白












「ロール・オーバー・イメージ」展開中 マウスを写真に乗せて下さい  クリックしてはいけません















さあ思い思いに 格好付けてイエイ




全国に高校演劇部は2300あると言われています。顧問の土田峰人先生によれば、もっとあるそうな。
その中で全国大会の舞台に立てるのはわずか12校。そのうち4校だけが国立劇場で発表できます。
「松戸馬橋高演劇部」は、昨年「赤鬼」で全国大会優秀賞。つまり、2等賞で国立劇場に立った。これはとってもすごーいことなんです。



「うまっこ・げきぶ」の部長でござりす 
  


 マウス乗っけて 散髪サした顔も見て下されや



3年生が参加してくれたので 芝居が光ってきたでねえか



練習は毎日  ストレッチはしっかりやるんす (日曜は休み)





「自己の限界に挑戦し まことをつくせ」

松戸馬橋高 教育指針より





中間試験が終わったら本格稽古に







最新の映像へ(クリック)


活動の記録A
掲載写真の著作権は大北寛にあります
著作権
コピー 転載はお断りします

track feed