活動の記録-K

関美智子さんの声は上の「道路」で聞くことが出来ます



「関さんの森・スライド&トーク」=2月28日



山田純稔さんの「関さんの森の生き物たち」講座
「これはジャコウアゲハの蛹です。地方によっては"お菊虫"と呼ばれています。番町皿屋敷のお菊が、後手にしばられている姿を連想させることから、その名がついた」と縛られた格好を自演して見せる。








エコミュージアム活動を語った面々





関美智子さん

 
 あいさつは に移しました
↑クリック



流通経済大学新松戸キャンパスで(関さんの森エコミュージアム主催)


なお武笠紀子さんの「関さんの森道路問題」は45年間のいきさつで
内容が濃く 私はひたすら聞いていました   写真はありません




=27日



関さんの屋敷林



門と小道





花が咲いた=22日



あれっサクラ! 「河津桜」です




楽しくて もだえている





花に酔っている



おだやかな光が味噌蔵の張り板に差し込んでいます
これはお酒を飲むのに最高の背景です








日本樹木医会会長・坂本功さんが調査に(右)。中央はエコミュージアムの木下代表、左は梅組指導の高橋英吉千葉大学名誉教授




みんなでそろって剪定作業



梅の枝を持つ君 うれしそう




22日は観梅会


22日に咲く梅


オオイヌノフグリの向こうに何か見えますか?


イヌフグリの向こうに富士山を見たのは たしか草野心平
私は見たオオイヌノフグリの傍らに
紅い腰巻き 酒のもう




もうすぐ観梅会






「梅にウグイス」ではなくて本当は「梅にメジロ」です








関さんの庭





雪が降って この広い庭が白一色になったら 江戸時代の関さんの屋敷の雰囲気が再現されるかも と期待していたのですが 今年はどうやら無理らしい 



戸定邸は125年前の将軍・徳川家の庭 こちらは225年前の名主・関家の庭
市長さん曰く どちらも大切な松戸の原風景  道路化が免れてよかった




春色ほのかに
=14日











少年たちよ! 野球が出来るのは 今のうち





花に浮かれて 踊る虫
=14日




おや !=15日




不思議な楽器
=15日


関さんの森の木で作られた「コカリナ」の練習が始まった 
練習が始まる前に「おねえさん」と声を掛けたら 真ん中の二人が そろって「ハイ」と返事をした この楽器 吹く人の気持ちを若返らせる力がありそうだ

後ろにいるのは 庭を見学にきたひとたち



「コカリナ」とは「木で作られたオカリナ」 黒坂黒太郎さん製作



黙々人


黙々と弁当を食べている この二人 弁当だけではない・・・ 黙々と関さんの森を愛している この弁当 奥さんが作ってくれている 




冬とはいえど温暖化・・・=14日









このあたり15m道路
になります。 道草しに来ませんか。





春よ来い


ジュン&サチ










心あたたかに=11日



今日(11日)は寒かった 
山田純稔先生がコーヒー付きで対応 雰囲気最高

ご本人は10日前ブログにこんなことを書いています 

「寒い時期にわざわざ来てくれる人を大切にしたいと思う “お休みの日なのに 寒いのに大変ですね・・・”と気づかってくれる人もいるが 大好きな自然の中でのんびりと生き物を観察しながら時を過ごすわけだから
ぼくにとっては安上がりのレジャー」

関さんの屋敷内は土日と祭日に案内 山田先生はほぼ皆勤です






関さん 今日は電車に乗って=2月5日


二人とも風邪を引いて疲れ気味 でもうれしいことが




 その訳は ←クリック




「活動の記録-J」に続く(クリック)



活動の記録-K



掲載写真の著作権は大北寛にあります
コピー 転載はお断りします