最活動の記録-H
コメント


「自然は未来のこどもたちからの借りものだ」


「都市の里山を考えるフォーラム」=11月21日


関啓子・一橋大学院教授


中村俊彦・千葉県立中央博物館副館長


木下勇・千葉大学院教授


安藤聡彦・埼玉大教授=コーディネーター


中村攻・千葉大名誉教授=実行委員長




木下勇氏


中村俊彦氏


関啓子氏


あんどう・としひこ(左)


「都市計画からの考察」 きのした・いさみ


「人間形成の観点からの考察」 せき・けいこ


「日本の里山の重要性とその保全」 なかむら・としひこ


「関さんの森道路。直線案と、迂回する案と、どちらが公共の福祉のためになるか。答えは明瞭である」 中村攻(なかむら・おさむ)




松戸市民劇場




「里山についてのは発信元は千葉県である」ことを

あなたは知っていますか 国連をも動かしています





重たい思い 25572 =20日


署名が市役所に届けられました。


2万5千5百7十2人も。

第1回目の署名活動は10月8日の北小金駅前。それから40日あまりでこんなに集まったのです



お疲れ様でした。集計係さま。




里の秋=18日


「里やまボランティア入門講座」の人たちが関さんの森へ。
松戸市ホームページの案内文によると-----松戸市では、市民参加による緑地の保全を目指し、市と市民団体のとの共催により 、「里やまボランティア入門講座」を開催しています--------
今年は6期生になります。


生徒は19人、指導の人たち、市役所のみどりと花の課の方々4人ばかり、全部で20数人が関さんの庭で、関美智子さんの話を聞きました。

「今、フクロウが来ています」という‘うれしいニュース’に始まり、「生き物を大切にしたい」と関さんの熱き思い。続いて木下さんから森活動の紹介があった。



中央の白いロープは庭を貫く「都市計画道路」の境界線。
市議会では、ここは「関さんの森ではない」というのが市側の見解ですが、「関さんの森」の活動では、この庭は明らかに「関さんの森」です。
参加者の皆さん、同行した市の職員の皆さんにはどんな風に感じられたのでしょうか。



関さんの庭




私のウチに知り合いの人が数人来ていたので、これ知っているかとケンポナシの実(本当は実ではないのですが・・・)を見せたら、ああ懐かしいと言った人がいた。80歳を過ぎた人で、柏の駅前に住んでいた。自宅の裏山に大きなケンポナシの木があったと話した。みんなに見せたいと、持って帰った。

写真はケンポナシの木。2本あります。秋ですね。




梨の味=15日


ケンポナシが食べ頃になってきました。
噛んでみて下さい。梨の味がします。本当です。
この木を切らせてなるものかという気持ちが起きてきます。 

そしたら、
みんなこぞって11月21日(金)の「里山フォーラム」に行きましょう。



最高のメンバーが「都市の里山」について議論します

 

 

 



秋の日の、エコミュージアム=9日


今日は日曜日。「小金子どもびばの会」で子どもが森へ行っている間に焼き芋の準備。ここのところ土日になるといつも顔を見せる女性がいるので聞いてみました。

「旦那さんを放っておいて大丈夫なんですか」
「ええ。今日は町内会のグランドゴルフ大会です」
「行かないのですか」
「息子と行きました。親子大会ですので・・・」
「夫婦で出かける大会はないのですか」
「ええ」

「・・・・・・・」


アサミ農園のサツマイモをごちそうになった うまかった


木登り上手はヒーローです


子どもだけではない、お母さんにも・・・・


山田純稔先生は子どもに人気・・・・


子どもが何やら・・・、昆虫談義か





待望の「関さんの森案内板」完成





しょめいをおねがいします =11月2日


この少年と会うのは2度目です。最初は関さんの森へ両親と署名簿130人分を持ってきて来てくれた時です。自分で折った折り紙を握って、関さんにあげるんだと言っていたのが印象に残りました。
いやはや、たくましいこと。1時間で50人ほど集めてくれました。その姿を見てご両親はうれしそうでした。
お父さんに、この子の将来はと聞くと、政治家かもしれませんという答えが。

「少年よ大志を抱け」

              新松戸のフリーマーケットで









署名活動の中心人物、お二人さん。 ご苦労さんでした

 



=22日



関さんの家に人影が・・・


怪しげなロープが


闇の中に消えるロープ 実はこれは道路の印
ここに道路が作られてしまったら世の中は闇




屋敷林の枯れた竹を伐採=19日









「関さんの森を育む会」の長老です。身のこなしが軽快で無駄がありません。
先日のTBS「うわさの東京マガジン」の始まりで声を掛けられた方です。てっきり打ち合わせした演技かと思ったらそうではなかったので、みんな関心しました。

名優だと思いました。
名優なら名前が必要です。「猿翁」----どうですか。市川猿之助のお父さんの名前です。

「おもだかや!!!!」













ポスター=19日



「関さんの森エコミュージアム」のポスターが出来ました。

19日の早朝、自宅の前に掛けました。正直なところ、ちょっと勇気がいりました。このポスターは、関さんの森を育む会の人たちが、13年間、梅を売ったりタケノコを売ったりして貯めた「森の基金」で作りました、







この森に道路が通ります 2つのプランがあります




2008年9月に提案された「関さんの森道路案」





千葉大学園芸学部の中島敏博、木下勇の両先生と学生さんによって作られた{関さんの森道路案」の模型 (9月17日)


「活動の記録-G」に続く(クリック)



活動の記 録-H



掲載写真の著作権は大北寛にあります
コピー 転載はお断りします